広島で相続税の申告をはじめ遺言・相続手続・家族信託・任意後見人・争族問題の解決を各種専門家と連携してサポート

あんしん
無料相談は
こちら

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

相談事例Q&A

ご相談事例をQ&A形式でご紹介いたします。

相続税とは

ではまずここで、広島にお住まいの皆様へ相続税に関する基礎知識をご説明していきたいと思います。

相続税とは、亡くなった方(被相続人)の財産を相続人が取得するときに、その財産に課税される税金のことをいいます。また、遺言によって譲り受けた財産(遺贈)についても相続税の課税対象となりますので、遺贈を受ける人(受遺者)も相続税申告が必要かどうか必ず確認してください。

相続税は、相続した財産の全てに課税されるわけではありません。預貯金や不動産といったプラスの資産から、債務などのマイナスの資産や葬儀の費用などを差し引いた財産をベースに算出していきます。そこから更に、基礎控除額を差し引いたものが実際の納税額となるのです。

基礎控除額は下記のような計算式で求める事ができます。

基礎控除額
= 3000万円+600万円×法定相続人の数

相続税はこの基礎控除額を超えた分にかかる仕組みになっています。

また、税率は基礎控除の金額を超えた部分に応じて変わってきます。

平成27年1月1日以後に相続が開始した場合の
相続税の税率
法定相続分に応じた
取得金額
税 率 控除額
1,000万円以下の場合  10%
1,000万超3,000万円
以下の場合
15% 50万円
3,000万超5,000万円
以下の場合
20% 200万円
5,000万超1億円
以下の場合
30% 700万円
1億超2億円以下の場合 40% 1,700万円
2億超3億円以下の場合 45% 2,700万円
3億超6億円以下の場合 50% 4,200万円
6億円超の場合 55% 7,200万円

相続税の申告の期限

相続税には申告・納税の期限が定められており、その期間は相続の開始を知った日の翌日から10か月以内です。この相続の開始を知った日というのは、被相続人の亡くなった日とされる事が多いです。また、納税も申告の期限と同じですので、相続の開始を知った日の翌日から10か月以内に申告だけでなく納税まで済ませなければなりません。

提出する書類は、原則相続によって被相続人から遺産を取得した人が共同で作成します。特段の事情により共同の作成と提出ができない場合には、個々で別々に申告書を提出することも可能ですが、このとき相続する財産の総額や相続税の額、税率などを一致させ矛盾を生まないように作ることが必須となります。いずれにせよ、税務調査のリスクをできるだけ下げるため、不明瞭な点をなくし慎重に提出書類を準備することが重要になります。

また、相続税申告書は亡くなった方(被相続人)の死亡時の住所が日本国内にあった場合は、相続人の住所地の管轄税務署ではなく、被相続人の住所地を管轄する税務署に提出する事となります。例えば広島市にお住まいの方が亡くなり東京都の親族が相続する場合、相続税申告書は広島市を管轄する税務署へ提出しなくてはなりませんので注意が必要です。税理士の仕事の中でも相続税申告は専門性の高い分野であり、手続きの難易度も高いのですが、全ての税理士が相続に強いわけではないのが実情です。

 

相続税申告相談プラザ ひろしま を運営しております棚田秀利税理士事務所は相続税申告の経験豊富な事務所です。広島近郊にお住まいで相続税申告に強い税理士をお探しの方は当相談プラザの無料相談をご利用ください。

相続税申告の関連項目

まずはお気軽にお電話ください

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

無料相談実施中!

0120-37みな-7849なかよく

営業時間 平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

初回60~90分
無料相談のご案内

アクセス

事務所所在地

棚田秀利税理士事務所
〒730-0013
広島市中区八丁堀12-3
KITAYAMAビル6階

詳しく見る