広島で相続税の申告をはじめ遺言・相続手続・家族信託・任意後見人・争族問題の解決を各種専門家と連携してサポート

あんしん
無料相談は
こちら

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

相談事例Q&A

ご相談事例をQ&A形式でご紹介いたします。

相続税の更正の請求

修正申告のケースとは反対に、相続税申告を行った後に、申告によって相続税を納め過ぎたことに気づいた場合には、更正の請求を行うことで、税金の払戻しを受けることができます。広島の皆様に、更正の請求の仕組みについてお伝えいたします。

更正の請求について

更正の請求とは、相続税の申告納税後に、もう一度申告をやり直して、適正額以上に納めていた税金を税務署より還付してもらうための手続きになります。更正の請求は手続きに提出期限が定められていますので注意してください。

【更正の請求の期限】

原則として、法定申告期限から5年以内。

ただし、下記のような更正の請求の特則により定められている事由により、更正の請求を行う場合には、これらの事由が発生したことを知った日の翌日から4か月以内。

  • 遺産分割を行い相続税申告行ったが、遺贈を内容とする遺言書が発見された、または遺贈の放棄があった
  • 相続税申告の期限内に遺産分割が完了しなかったため、法定相続分で相続税申告をしたが、その後成立した遺産分割により、相続財産の課税価格に変動があった
  • 認知、廃除等により相続人に異動が生じた
  • 申告後に遺産分割が完了し、小規模宅地等の特例や配偶者の税額軽減が適用されることになった。

更正の請求を行うには、更正の請求書を税務署長に提出しますが、添付書類として、「更正の請求の理由の基礎となる事実を証明する書類」があります。税務署は更正の請求書が提出されると、内容を検討し、過大に税金が納められていることが認められる場合、減額更正処分を行います。結果として、減額更正処分の内容が通知され、税金が還付されることになります。また、税務署により一部しか認められない減額更正処分がされたときには、不服申し立てを行うことができます。

 

更正の請求を行いたい、もしくは相続税申告をしたものの、払い過ぎているのではないかとお考えの広島の皆さま、相続税申告相談プラザ ひろしま の初回無料相談をご活用ください。専門家が広島の皆様に個別に対応いたしますので、検討の段階であってもお気軽にお問い合わせください。広島の皆様のご来所をお待ちしております。

修正申告と更正の請求の関連項目

まずはお気軽にお電話ください

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

無料相談実施中!

0120-37みな-7849なかよく

営業時間 平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

初回60~90分
無料相談のご案内

アクセス

事務所所在地

棚田秀利税理士事務所
〒730-0013
広島市中区八丁堀12-3
KITAYAMAビル6階

詳しく見る