広島で相続税の申告をはじめ遺言・相続手続・家族信託・任意後見人・争族問題の解決を各種専門家と連携してサポート

あんしん
無料相談は
こちら

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

相談事例Q&A

ご相談事例をQ&A形式でご紹介いたします。

相続税の虎情報

作成日:2021年04月15日

【FMちゅーピー】生前贈与と相続、どちらがお得になるか?

年間300件以上の相続税の相談を受ける相続税の虎こと税理士の棚田秀利です。
2021年4月15日、FMちゅーピー「そうだあ!棚田税理士の相続相談室」の放送内容です。

「生前贈与と相続、どちらがお得になるか?」についてお話しました。

 

今日のテーマの「生前贈与と相続、どちらがお得になるか?」ですが、

何がお得かというのはもちろん税金です。

財産を生前贈与で受け取った方がよいのか、

それとも相続を待って受け取った方がよいのか

という話です。

単純に相続税と贈与税の税率を比較すると下の表のように

同じ金額の財産であれば、相続税の方が税率が安いです。

しかし、よくある例として

110万円の基礎控除(贈与税はゼロ円)の生前贈与を毎年繰り返しながら

財産を減らしつつ相続で財産を受け取っていく方法は、

相続と生前贈与の両方を利用しているわけです。

 

ただ110万円の生前贈与は確かに贈与税もゼロですが、110万円の生前贈与を続けていても

元々の相続財産の金額が大きい際には、それほどの効果はありません。

そんな際には、贈与税は基礎控除を控除した後の金額が200万円までは最低税率が10%であり、

相続税でも基礎控除を控除した後の金額を法定相続人の数で割った金額が1000万円までは最低税率の10%ですが、

それを超えると3000万円までは15%の税率の相続税が課税されます。

その際には、10%の税率が適用される年間310万円の生前贈与を行った方が相続税が安くなりますし、

それを数人、数年続けると効果は累次上に増加します。

 

このように生前贈与を実行することにより相続税の節税をすることができますが、

相続税申告相談プラザひろしまでは相続税の申告経験が豊富なことから

ご気軽にご相談下さい。

初回相談無料です。

まずはお気軽にお電話ください

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

無料相談実施中!

0120-37みな-7849なかよく

営業時間 平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

初回60~90分
無料相談のご案内

アクセス

事務所所在地

棚田秀利税理士事務所
〒730-0013
広島市中区八丁堀12-3
KITAYAMAビル6階

詳しく見る