受益者について

受益者とは、信託財産から発生した利益を受ける権利を持っている者のことです(受益債権)。委託者により信託契約で受益者が定められます。受益者に指定されたものは受益債権を有します。
受益権は債権の一種として譲渡・売買をすることも可能となります。受益権の譲渡・売買には税金が関わってきますので注意が必要となります。
受益者は受益債権を有していますが、それだけでなく受益債権を守るために複数の権利を有しています。信託財産を管理・運用・処分をし利益を発生させる受託者に対しては、受託者の解任・選任などの権利も有しています。

受益者に関するルールや注意点

信託は1年で終了する

信託法では、受託者と受益者が全く同一の場合、信託は1年で終了するという決まりがあります。委託者と受益者は同一でも問題ありません。しかし、受託者と受益者を同一にする場合には一定の制限があります。なぜなら、管理する者と利益を受ける者が同一になるということは、受益者が他者であればその人に財産を譲渡としたことと同じになります。また受益者が委託者本人であれば管理する人も本人となり、そもそも家族信託をする意味がなくなってしまうからです。

受益者が亡くなった場合

信託契約書の中で「受益者死亡の場合は信託は終了する」との定めがある場合、受益者が亡くなった場合には、信託は終了することとなります。

信託契約書の中で「受益者死亡の場合は第二受益者へ」との定めがある場合、自動的に第二受益者へ受益権は移動します。第二の受益者へ、第二が死亡した場合には第三の受益者へ、と連続で引き継がれていことを受益者連続型信託といいます。

遺言書ではご本人が亡くなった場合に財産を誰に引き継いでもらうのかを指定できますが、その子が亡くなった場合の財産の行方までは指定することができません。財産を相続した子が亡くなった場合の財産の行方は、子の判断に委ねるしかありませんでした。

受益者連続型信託では、ご本人が亡くなったら子へ、子が亡くなったら孫へと、世代に渡って指定が可能なのです。本人の意思で「本人→子→本人の兄弟」を指定するということも可能です。このように、家族信託では、遺言書で不可能だった部分を可能となった為、注目を浴びた要因の一つであるといえます。

贈与税の対象

信託を利用した場合の税金についてもしっかりと確認をしておきましょう。

  • 委託者、受託者、受益者の場合
    委託者と受益者が同じである自益信託となりますので、非課税となります。
  • 委託者受託者受益者の場合
    委託者と受益者が異なる他益信託となりますので、年間110万円を超える利益があった場合には、贈与税の対象となります。

家族信託(民事信託)の無料相談の関連項目

まずはお気軽にお電話ください

0120377849

営業時間 平日 9:00~21:00 / 事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

相続税申告相談プラザ ひろしま を運営しております、棚田秀利税理士事務所は福屋八丁堀本店から徒歩2分のアクセスとなります。相続の実績の豊富な税理士がご対応いたしますので安心してご相談ください。

無料相談実施中!

  • 0120377849

    営業時間 平日 9:00~21:00
    ※事前予約により、
    土曜日・日曜日も相談対応

  • 初回60分~90分無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • 代表あいさつ
  • アクセス
  • サポート料金
  • 無料相談

アクセス

  • 事務所所在地


    棚田秀利税理士事務所
    〒730-0013
    広島市中区八丁堀12-3
    KITAYAMAビル6階

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • セミナー情報
  • 友だち追加
  •  

当事務所が選ばれる理由

  • 初回は
    相談無料

    初回のご相談は完全無料にてご対応させていただいております。

  • 実績のある
    税理士

    多数のセミナーを開催する、相続税申告に実績のある税理士がご対応いたします

  • 地域密着の
    専門家

    広島電鉄「八丁堀駅」から徒歩3分、地域に密着した事務所です

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120377849

営業時間 平日 9:00~21:00 / 事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ