広島で相続税の申告をはじめ遺言・相続手続・家族信託・任意後見人・争族問題の解決を各種専門家と連携してサポート

あんしん
無料相談は
こちら

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

相談事例Q&A

ご相談事例をQ&A形式でご紹介いたします。

相続税の申告期限

相続税申告と納税には期限があり、相続が開始された日(通常、被相続人が亡くなった日)の翌日から10か月以内に被相続人の最後の住所地を管轄する税務署へ申告及び納税しなければなりません。

ここからは相続税の申告期限について詳しくご説明します。相続税の申告に関する手続きは初めて経験するという方がほとんどで、また、何度も経験するようなものではありません。慣れない手続きに戸惑われる方が多いのが現実です。相続税の申告において重要なのは、相続税申告の必要がある相続の場合には期限があるということです。

相続税とは、被相続人の預貯金や不動産などの資産から、借金などの債務、葬式費用を差し引いた総額に対して発生する国税のことを言います。相続税の基礎控除を超える財産に対して相続税の申告及び納税が必要となります。

相続税の基礎控除とは?

相続税の申告期限を過ぎると、別途加算税や延滞税などのペナルティが発生します。また、申告期限を過ぎてしまうと、控除や特例が適用できなくなり、控除や特例があるかないかで最終的な納税額が大きく変わってしまいます。従って、期限内に申告ができるよう、相続税の支払いが確定したら早めに相続手続きを進めましょう。

10ヶ月という期限は一見余裕があるように思われますが、相続が発生すると相続税の申告のみならず、様々な手続きを行わなければなりません。ただでさえ不慣れなうえに、多岐に渡る手続きを行わなければならず、10ヶ月以内に相続税申告をすることは意外と大変です。相続が開始したら時間に余裕をもって手続きを進めましょう。

また、相続税の申告は大変複雑ですので、ご自身で行うことに不安があおりでしたら、専門家に依頼することも可能です。広島近郊にお住まいの方で、相続税申告が必要かどうかわからない、相続手続きを進めなければならないのに何から手を付けていいか分からない等、お困りの方は早めに相続税申告相談プラザ ひろしま の税理士ご相談されることをおすすめいたします。

相続税の申告は各ご家庭によって、必要な手続きは異なります。自分たちの遺産相続ではどのような相続税申告の手続きが必要で、各手続きはいつまでに済ませなければならないのかというような全体像を把握しておきましょう。相続税の申告の際は、スムーズに相続税申告を済ませるため、相続税申告に精通した相続税申告相談プラザ ひろしま の税理士に頼りましょう。

 

相続税申告相談プラザ ひろしま は地域密着型で、思いやりをもって接することを心がけております。広島近郊にお住まい、または広島近郊にお勤めの皆様の相続についてのご相談は、初回ご相談無料の、相続税申告相談プラザ ひろしま へお気軽にお問い合わせください。

相続税の各種控除の関連項目

まずはお気軽にお電話ください

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

無料相談実施中!

0120-37みな-7849なかよく

営業時間 平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

初回60~90分
無料相談のご案内

アクセス

事務所所在地

棚田秀利税理士事務所
〒730-0013
広島市中区八丁堀12-3
KITAYAMAビル6階

詳しく見る