広島で相続税の申告をはじめ遺言・相続手続・家族信託・任意後見人・争族問題の解決を各種専門家と連携してサポート

あんしん
無料相談は
こちら

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

相談事例Q&A

ご相談事例をQ&A形式でご紹介いたします。

遺言書作成

遺言書作成

遺言書の作成は、円満な相続を実現するために非常に有効な手段となります。ここでは相続税申告相談プラザ ひろしまの専門家が遺言書の作成について詳しくご説明いたします。

広島で遺言書を作成したい、遺言書について不明な点がある、という方は下記の解説を参考になさってください。

なぜ遺言書の作成が必要なのか

遺言書は、自分の亡くなった後、自分の財産を”どのように分けてほしいかの指針を、残されたご家族に明確に伝えるものです。つまり遺言書は、被相続人の最期の意思として重要な役割をもち、遺言書がある相続手続きは、原則遺言書の内容や方針に沿って進められます。

遺言書がない相続の場合には、相続人全員で遺産分割について話合う「遺産分割協議」を行い、分け方や方針を決めていきます。
相続人はそれぞれに様々な事情をかかえており、また相続は多額のお金が絡むケースが多いため、必ずしも円満に相続人全員が納得して「遺産分割協議」の話合いができるわけではありません。事実、残念なことにこの遺産分割協議をきっかけとして、それまで関係が良好だったご親族間でトラブルが発生し、ご家族やご親族の関係性に悪影響を及ぼしてしまうケースも珍しくはありません

遺言書は、ご自身が亡くなった後の財産をどう分けてほしいか明確に意思表示できると同時に、残されたご家族やご親族間で不要な争いを避けるためにも有効な手段となるのです。上記をお読みいただき、広島の皆さまにも遺言書がどのような役割を持ち、遺言書作成がいかに大切か、少しご理解いただけたのではないでしょうか。

法的に有効な遺言書を
作成しましょう

広島在住の方が遺言書を作成したいと思っても、どの様に書いたらよいか熟知している方はそう多くないかと思います。遺言書には種類や書き方など、様々な法律上の規定があります。種類ごとの特性の違いを理解したうえで、法律で定められたルールに則り作成しなくてはなりません。

この法律で定められたルールに沿って作成されていないと、せっかく遺言書を作成しても法的には無効となってしまう可能性があります。すると、その遺言書は相続手続きで使用できなくなるので、その場合は、遺産分割協議を相続人全員で行う事になります。つまり、分割方針は話し合いにより決めなくてはならないため、先述のように、ご家族やご親族間で争いが生じる可能性があります。

広島在住の方が遺言書を作成する場合は、確実に法的に有効な遺言書を作成できるよう、まず始めに下記の項目を整理し確認していきましょう。

  • 遺産はどのくらいあるのか
  • ”どの”財産を”誰に”“どのくらい”渡すのか
  • どの種類の遺言書を作成するのか
  • 遺言書を作成する際に従わなければならないルールは何か

広島在住の方が遺言書を作成しようとお考えでしたら、ご自身の最期の意思を明確に伝えるとともに、残されたご家族が困らないよう形式や内容に留意して作成することが大切です。

 

相続税申告相談プラザ ひろしま では、広島で資産を築いてこられた方や、広島のご親族などから遺産を相続した方に、財産の分け方をはじめ相続税のご相談など、生前対策のご支援も行っております。広島にお住まいで相続税申告についてお困りの方は相続税申告相談プラザ ひろしま までお問い合わせください。初回面談は無料となっておりますので、ぜひご活用ください。

遺言書作成の関連項目

まずはお気軽にお電話ください

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

無料相談実施中!

0120-37みな-7849なかよく

営業時間 平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

初回60~90分
無料相談のご案内

アクセス

事務所所在地

棚田秀利税理士事務所
〒730-0013
広島市中区八丁堀12-3
KITAYAMAビル6階

詳しく見る