広島で相続税の申告をはじめ遺言・相続手続・家族信託・任意後見人・争族問題の解決を各種専門家と連携してサポート

あんしん
無料相談は
こちら

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応

相談事例Q&A

ご相談事例をQ&A形式でご紹介いたします。

相談事例

府中町の方より相続税についてご相談

2021年08月04日

Q:税理士の先生に質問です。夫の財産を相続するにあたり、相続税の負担が軽くなる制度はありますでしょうか?(府中町)

税理士の先生、はじめまして。お力を貸していただきたく思い、相談させていただきました。
先月のことになりますが、府中町の実家で一緒に暮らしていた夫が亡くなり、相続が発生しました。
夫は府中町の実家のほかにいくつかの不動産を所有しており、私と二人の息子が相続することになります。
相続するにあたって相続税の申告が必要になることはわかっていますが、どれだけ納めることになるのかを考えると心配で仕方がありません。
二人の息子にはそれぞれ家庭があるので金銭的な面で頼ることはできませんし、できるだけ相続税の負担を軽くしたいというのが私の本音です。
税理士の先生、相続税申告において配偶者である私が受けられる控除などの制度はありますでしょうか?あるようでしたら教えていただけると助かります。(府中町)

A:配偶者にかかる相続税の負担を軽減する「配偶者の税額軽減」という制度があります。

被相続人の配偶者が遺産相続をする場合、「配偶者の税額軽減」という制度が適用できます。
この制度は残された配偶者の生活の保障や遺産形成に貢献した内助の功などを配慮したもので、取得した正味の遺産額が①②いずれか多い金額までであれば配偶者に相続税はかかりません

①1億6,000万円
②配偶者の法定相続分相当額

つまり、正味の遺産額が1億7,000万円だったとしても法定相続分相当額以下であれば、相続税はかからないということです。
この制度を適用するには相続税申告を行う必要があるため、忘れずに申告するよう注意しましょう。

また、相続財産に府中町のご実家といくつかの不動産があるとのことですので、「小規模宅地等の特例」という制度を適用できる可能性があります。
適用には一定の要件を満たす必要がありますが、適用できれば大幅な相続税の減額につながります。この制度の適用を検討される際は、相続税申告に強い税理士へ相談すると良いでしょう。

相続税の負担を少しでも軽くしたいとお考えの府中町の皆様におかれましては、「相続税申告相談プラザひろしま」の初回無料相談をぜひご活用ください。
「相続税申告相談プラザひろしま」では豊富な実績を誇る税理士が府中町の皆様の親身になって、相続開始から相続税申告まで幅広くサポートさせていただきます。
スタッフ一同、府中町の皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております

まずはお気軽にお電話ください

0120-37みな-7849なかよく

営業時間:平日 9:00~21:00
※事前予約により、土曜日・日曜日も相談対応